本文へ移動

EPA介護福祉士・介護福祉士候補者

概要

喜寿会では2016年度からEPA介護福祉士候補者を受け入れています。最初に受け入れた1名は介護福祉士の国家試験に合格しました!現在3名のインドネシア人候補者が働きながら日本の介護を学んでいます。
 
外国人介護福祉士候補者に教える事を通して、私達自身も学びます。また、候補者の思いやりの心など、私達も学んだり、初心に帰って考えるきっかけになっています。
 
※EPA介護福祉士候補
経済連携協定によりインドネシア、フィリピン、ベトナムの3国の看護師資格保持者が、日本で働きながら介護を学び介護福祉士資格の取得を目指すプログラムです。来日前に半年の日本語研修、来日後更に半年の日本語研修を受けてから、法人に入職します。受入施設には「介護福祉士養成施設の実習施設と同等の体制が整備されていること 」等の要件が課せられています。
TOPへ戻る